道元禅師【やる気がでる!魔法のことばシリーズ】

子どもの勉強教え方教室

2019年03月01日(金)才能 

道元禅師【やる気がでる!魔法のことばシリーズ】

曹洞宗の始祖・道元禅師(1200-1253)のことばで、お子さんのやる気・モチベーションスイッチをONにしましょう!

“言霊”ということばがある通り、ことばは力です。やる気スイッチを入れてくれる魔法のことばをシリーズでご紹介します。



道元禅師とはどんな人?

道元禅師とは、今から約800年前に生きた僧侶です。

道元禅師は貴族の生まれでしたが、世の無常を若いうちに悟り、14歳で出家して仏道を修行する道を進みました。

24歳で宋(今の中国)に留学、そこで生涯の師である如浄(にょじょう)禅師と出会い、修行を積んで悟りを開きます。

日本に帰国後、その教えを広め、曹洞宗の開祖としてその教えを広めました。現在も福井県にある永平寺は、道元禅師が建立したお寺です。

そんな道元禅師の一番弟子であった懐奘が、道元禅師のことばや行動を書き記した『正法眼蔵随聞記』と呼ばれる本は、多くの人に読み継がれてきました。

この中で紹介されているのが、やる気がでる道元禅師の魔法のことばです。

 

やる気がでる!道元禅師の魔法のことば

やる気がでる!魔法のことば

 

玉は琢磨によりて器となる。人は錬磨によりて仁となる。何の玉かはじめより光り有る。誰人か初心より利なる。必ず磨くべし、すべからく練るべし。自ら卑下して学道をゆるくする事なかれ。

 

(玉は磨かれて初めて器となり、人は練磨してはじめて真の人となる。はじめから光のある玉もなければ、はじめからすぐれたはたらきのある人もあるわけではない。必ず切磋せよ、ぜひとも練磨せよ。自ら卑下して学道を手ぬるくしてはならない。)

 

―道元禅師(1200-1253) 曹洞宗始祖

 

「自ら卑下して学道をゆるくする事なかれ。」(自ら卑下して学道を手ぬるくしてはならない。)

とても厳しいことばですね。

「どうせ自分なんか・・・」「才能もないし・・・」と言い訳をして、負けることやできないことの準備をしていませんか?そういった心の癖ができている子どももいます。

道元禅師はそんな風に気休めを言っていないで、やることやりなさい、必ずやりなさい、と叱咤激励してくれています。

 

この前後の文章もすばらしいので、掲載します。

この文章の前では、悟りについて花と竹の美しい例を用いて説明しています。

「 花は年々に開くれども皆得悟するにあらず。竹は時々に響けども聴く物ことごとく証道するにあらず。ただ久参修持の功にこたへ、弁道勤労の縁を得て悟道明心するなり。是れ竹の声の独り利なるにあらず、また花の色のことに深きにあらす。竹の響き妙なりといへども自らの縁を待って声を発す。花の色美なりといへども独り開くにあらず。春の時を得て光をみる。」
(花は年々に開くが、見る者がみな悟るわけではない。竹はいつも音を発しているが、聴く物がことごとくさとりを得るわけでもない。ただ長い間の参禅修行の功にむくい、弁道に苦労を重ねた縁があって道を悟り心を明めるのである。竹の響きがすぐれていても、それはそれなりの因縁があって音を発するのであり、花の色が美しいといっても勝手に開くのではなく、春という季節になると、美しく開花するのである。)

 

そして、上のことばがきて、そのすぐ後に、みなさんも聞いたことがあるであろう時についてのことばが続くのです。

「古人云ク、「光陰虚しくわたる事なかれ。」と。今問ふ、時光はをしむによりてとどまるか、をしめどもとどまらざるか。また問ふ、時光虚しく渡らず、人虚しく渡るか。時光をいたづらに過ごす事なく学道せよと云ふなり。」
(石頭希遷禅師は『参同契』で、「光陰虚しくわたることなかれ」と言っている。そこで諸君にたずねるが、そもそも光陰は惜しんだらとどまるものであるか、それとも惜しんでもとどめられないものか。また、こうもたずねよう、光陰が虚しくすぎるのではなく人が虚しくすごすのか。参同契のこの言葉は、光陰を虚しくすごさず、仏道を学べというのである。)

 

いかがでしょうか?厳しくも的確な道元禅師のことばから、子どもに伝えるべき知恵がありますね。自分なりのことばに解釈しなおして、お子さんの年齢に従って伝えるよう工夫してみてください。

 

まとめ

道元禅師は仏道のことで言うわけですが、成績をあげたり、仕事で成果をあげたり、道を究めようと思えばいずれも同じことです。

気が弱くなった時、投げ出したくなった時、結果が出なくて辛い時、モチベーションがあがらない時、そんな時は子どもでも、大人でも、誰でもあります。

そうした時は、道元禅師のこのことばを思い出し、声に出して読んでみましょう。

 

関連書籍



[才能を伸ばす]一覧へ




このサイトについて

「子どもの勉強の教え方」がテーマのお父さん・お母さんのための勉強サイト。小学生・中学生のお子さんを持つ保護者の方の勉強のわからないや教え方の不安を解決します。算数・数学、英語、国語、社会、理科、子どもの才能を伸ばす話など多数。忘れてしまった学生時代の勉強を子供にわかりやすく教えられるように共に学びましょう。

   

>>さらに詳しくはこちら