多様な知性、対人知性

2018年11月16日(金)能力開発 

知性とは何でしょうか?今日は多様で多層な人間の知性について、特に社会的知性について考えてみましょう。

社会的知性|能力開発|ルシディチュード-灯台教養学部

 

多重知能

知能や知性と聞くと、おそらくIQや偏差値が一番に頭に浮かぶ人が多いことでしょう。

しかし、IQや偏差値ではかることができる知性は、人間の知性の一つの側面にすぎません。

知性は1つではなく、多様であること、多重であることを主張しているのが、ハーバード大学教育学大学院教授で、心理学の世界的権威であるハワード・ガードナー教授です。

IQ至上主義に異議を投げかけた彼が提唱するMultiple Intelligence(MI:多重知能)では、主に8つの分野に知性が分けられています。

1.言語的知性

2.論理的・数学的知性

3.空間的知性

4.身体・運動的能力

5.音楽的知性

6.対人知性

7.内省的知性

8.博学的知性

この分類すらも暫定的であり今後増える可能性があると主張しています。

 

対人知性

このMI:多重知能モデルを軸に、ハワード・ガードナー教授は「プロジェクト・スペクトラム」と称して多様な知性をのばす教育を研究しています。

8つの知性の中でも、友情、愛情、信頼、こうした目に見えない人間同士の絆を形成するのに欠かせない対人知性をごくかいつまんでご紹介します。

対人知性とは、他人の気持ちや感情、モチベーションなどを見分ける、他者と協力的・能動的に過ごせる能力です。

対人知性における重要な知性が以下の4つの要素とされています。

1.組織力・・・人々を組織する力、キャプテンやリーダーに欠かせない能力。

2.交渉力・・・物事を調整し、調停する能力。争いを防いだり、話をまとめるのが得意。

3.連帯力・・・人間関係を構築し、チームワークを築く能力。

4.分析力・・・他人の感情や心理を的確に洞察する能力。

 

いかがですか?社会的動物といわれる人間には必要不可欠な能力ばかりなのが対人知性です。

 

対人知性を伸ばしたい方は、子供に対人知性を伸ばしてもらいたい方は、ぜひこの視点をとりいれて日常を過ごしてみてください。



 

読後チェック

①多重知能とは何ですか?

②対人知性の4つの力とは何ですか?






世界最大級のオンライン学習サイトUdemy



能力開発TOPへ


ABOUT US

ルシディチュード―灯台教養学部へようこそ。このサイトは、一般教養を学べる無料オンラインサイトです。Luciditude ルシディチュード= Lucid (明晰な、明快な)+ -(i)tude(状態、性質)。“すべての人の灯台としての教養を”をコンセプトに、大人も子どもも、ご家族みんなで、わかりやすく幅広く学べる一般教養をご紹介します。同時に、キャリア形成に役立つ能力開発についても発信します。雑談知識のインプット、生涯学習としてご活用ください。数学と英語は受験問題と解説を掲載しています。受験生はもちろん、受験生でない皆さんもぜひチャレンジしてみてください。

>>read more