パブロフの条件反射

2018年6月6日(水)能力開発 

わたしたち人間の可能性や能力開発にも影響を及ぼしているだろう条件付け。様々な条件付けの実験から考えてみましょう。

 

パブロフの条件反射

中学生の理科の時間だったと思いますが、パブロフの条件反射というのを習いますね。

ロシアのパブロフという人が、犬にえさを与えるたびにベルを鳴らすということを何度も繰り返すと、今度は実際にえさを与えなくても、ベルを鳴らしただけで犬が唾液を出し始めるということを発見したのです。  

私達人間でもそうですね。梅干やレモンを想像しただけで、口の中に唾液が出てきます。  

 

飛べない蚤

蚤は生きとし生けるものの中では自分の身長に比べて一番高くジャンプできる動物です。ところがこの蚤を箱の中に入れてガラスのふたをして、蚤がジャンプするたびに頭を打ちつけるようにふたの位置をどんどんと下げて行き最後には全然ジャンプできない位置まで下げてやります。そうすると蚤は低い空間の中をのそのそと歩くことしか出来なくなります。こうして条件付けたのち、再び広い空間に蚤を出してやっても、蚤はもう跳ぶことをせずにのそのそと歩くだけになります。  

 

水槽のカマス

ガラスで間仕切りをした水槽の一方にカマスをいれ、もう一方にえさを入れます。何日か放置しておくと、目の前にあるえさに向かって突進するのですが、見えないガラスにさえぎられて、えさに到達できません。えさに到達できないばかりか、えさに到達しようとすると、口先をガラスにぶつけて痛い思いをします。そういうことを繰り返した後、間仕切りのガラスを取り去っても、懲りたカマスはえさのほうへは行こうとしなくなってしまいます。

 

サーカスの像

サーカスの象はたいてい本来象が持っている力ですればやすやすと引き抜くことが出来るような一本の細い杭につながれています。何故逃げないのでしょうか?これは子象のころに同じような杭につながれて、子象の時はその杭を引き抜いて逃れようともがいたのにもかかわらず、力が弱くて何度やっても失敗ばかりを繰り返すうちに、すっかり自分はこの杭は抜けないと信じてしまっているからです。    

 

人間の行動や才能を抑えるものは?

これらのことは私達人間の心には関係のないことと思う人も多いかと思います。

しかし、知らず知らずのうちに私達も本来力を持っているにもかかわらず、蚤やカマスや象のように「できない」「無理だ」ということを条件反射化されていることが多いのです。  

その一番大きな原因となるものが、常識や教育といわれるものです。

 

私達は子供のころから、こんな言葉を何度聞いたことでしょう?

「そんなことは非常識だ。出来るはずがない」

「そんな無茶なことをすると笑われるぞ」

「恥ずかしいから、やめておけ」

「誰もやったことがないから、無理だ」

「お前にできるはずがない」

等々.... 

 

生物学者のアルベール・ジャカールは、子どもに向かって“「お前には才能がない」ということは犯罪である”と強く非難しています。

保護者や先生方、気軽に言っていませんか?それは子どもに対する負の条件付けでもあるのです。

言われた経験のある学生のみなさん、子どものみなさん、それを安易に信じて卑下し、努力をやめてはいけません。あるかないかは、自分にかかっています。

 

常識や教育はもちろん良い側面もあります。

わたしたちの才能を伸ばしたり、社会的生活を円滑に行うための潤滑油になるのですが、その一方で、自分自身や他者に対する偏見や凝り固まった考え方を無意識にも与え、それが正しいことであるような錯覚をわたしたちにもたらします。それはまるで知らないうちに自分の周りにこびりつく垢と同じ側面があるのです。批判精神を育てずに盲目的に教えられたことを信じること、これも一つの条件付けだといえましょう。

こうして私たちの潜在意識に刷り込まれてしまった条件反射が、実に色々な理屈を並べて、私達の無限の可能性を拒んでいます。

映画『アバター』などの作品を世に送り出した映画監督ジェームス・キャメロンの言葉を胸に刻みましょう。

"Don't put limitations on yourself. Other people will do that for you -- don't do it to yourself, don't bet against yourself, and take risks."

「自分に限界を設けるな。それは周りがやる事だー自分でやることではない。自分で出来ないと思うな、進んでリスクを取れ。」

 

読後チェック

①パブロフの条件反射とは何ですか?

②飛べない蚤、水槽のカマス、サーカスの象の共通の現象は何ですか?

③わたしたちの無限の可能性を拒む理由となるものは何ですか? 



能力開発TOPへ




ABOUT US

ルシディチュード―灯台教養学部へようこそ。このサイトは、一般教養を学べる無料オンラインサイトです。Luciditude ルシディチュード= Lucid (明晰な、明快な)+ -(i)tude(状態、性質)。“すべての人の灯台としての教養を”をコンセプトに、大人も子どもも、ご家族みんなで、わかりやすく幅広く学べる一般教養をご紹介します。同時に、キャリア形成に役立つ能力開発についても発信します。雑談知識のインプット、生涯学習としてご活用ください。数学と英語は受験問題と解説を掲載しています。受験生はもちろん、受験生でない皆さんもぜひチャレンジしてみてください。

>>read more