AIにヒトが勝る力

2018年3月22日(木)能力開発 

近年では、AIの誕生が人々の労働市場を狭めることへの脅威と、それに備えるための教育や学びが話題になっています。一部の研究者によると、現段階ではAIよりも人類が優れている能力、それは「読む力」だということです。

 

 

この「読む力」がある限り、AIに置き換えられる可能性は低くなる、「読む力」に義務教育では特に力を入れるべきだ、という主張があります。

 

「読む力」とはどのようなものでしょうか?みなさんは「読む力」があるでしょうか? それでは、次の問題をやってみてください。

 

  問題

次の報告から確実に正しいといえることには〇を、そうでないものには×を付けてください。

公園に子供たちが集まっています。男の子も女の子もいます。よく観察すると、帽子をかぶっていない子供は、みんな女の子です。そして、スニーカーを履いている男の子は一人もいません。

(1)男の子はみんな帽子をかぶっている。

(2)帽子をかぶっている女の子はいない。

(3)帽子をかぶっていて、然もスニーカーを履いている子供は一人もいない。

 


どうですかみなさん、お出来になりましたか?
正しいのは(1)です。

現段階では、AIはこうした問題が不得意だということです。

この問題の正答率が、日本では64.5%だということです。もう少し詳しく数値を出しますと、国立Sクラスでは85%が正答率を出しています。私大Sクラスでは、66.8%、私大B,Cクラスでは、正答率が50%に達しませんでした。

AI対策だけでなく、読む能力は受験対策でも重要な点です。数学でも、英語でも、文章の意味を正しく理解できないとある一定のレベルから先に伸びていくことは難しいといえましょう。普段から相手が言っていること、書いていることを正確に読む訓練が必要です。日本はフィーリングのコミュニケーションが多いといえますし、スマホなどの登場でますます単語でのコミュニケーションが増えていますから、きちんと文章を読む訓練を意識的にしていくことをおススメします。



能力開発TOPへ





ABOUT US

ルシディチュード―灯台教養学部へようこそ。このサイトは、一般教養を学べる無料オンラインサイトです。Luciditude ルシディチュード= Lucid (明晰な、明快な)+ -(i)tude(状態、性質)。“すべての人の灯台としての教養を”をコンセプトに、大人も子どもも、ご家族みんなで、わかりやすく幅広く学べる一般教養をご紹介します。同時に、キャリア形成に役立つ能力開発についても発信します。雑談知識のインプット、生涯学習としてご活用ください。数学と英語は受験問題と解説を掲載しています。受験生はもちろん、受験生でない皆さんもぜひチャレンジしてみてください。

>>read more