数学の天才ポントリャーギンを育てた母の愛

子どもの勉強教え方教室

2019年01月17日(木)才能 

数学の天才ポントリャーギンを育てた母の愛

ロシアが生んだ天才数学者レフ・ポントリャーギン(1908-1988)。数学の天才が育った背景には何があったのでしょうか?



四コマ漫画で知るポントリャーギン


ポントリャーギンの人生を成功に導いた母の愛

レフ・ポントリャーギンは、1908年9月4日にロシアで生まれました。

父はオルロフスキー区のある町の下級職員(会計係)、母は農家生まれで洋服の仕立て職人でした。経済的に恵まれず、暮らしは貧しいものでした。

月謝の安い学校にも行けず、ポントリャーギンはやっと4年制の小学校に通うことができたといいます。

そんなポントリャーギンが14歳の時、事故が起きました。ストーブの一種であるプリムス・ストーブの爆発事故に巻き込まれ、ポントリャーギンは完全に失明してしまいます。

しかしながら、こうした不運がポントリャーギンの人生を狂わせることはありませんでした。

なぜならば、母の愛があったからです。

母タチヤーナ・アンドリェーヴナ・ポントリャーギンは、その後ポントリャーギンの一切の身の回りの世話と、秘書としての役割を果たしました。

ポントリャーギンの母親は、自身は学がなかったのですが、失明した息子のために、数学をはじめあらゆる書籍を読み聞かせました。ポントリャーギンに読み聞かせるため、外国語も執念で学びました。

数学の集合の記号も「」と呼ぶなど、二人だけの頭の中で通用することばを使いながら勉強を進めていきます。

そうして、失明時は特に数学が好きではなかったポントリャーギンは、次第に数学の美しい世界にはまり、その才能を伸ばしていったのです。

ポントリャーギンの母親が、タチヤーナ・アンドリェーヴナ・ポントリャーギンでなかったら、20世紀を代表する偉大な数学者は誕生したのでしょうか・・・?

歴史に“もしも”はありえませんが、そんなことを考えると、母の愛が伸ばした才能の代表例といえるのがポントリャーギンではないでしょうか。

 

ポントリャーギン親子から考える親が子どもに教えるということ

幼少期から一流の教育を受けたわけでもなく、またすべてが完全にそろっているとは程遠い環境にいたポントリャーギンでしたが、才能を伸ばして人生に幕をおろしました。

ポントリャーギンはもともと天才だったから、といえば一言で済んでしまうかもしれませんが、それ以上に彼と母親がとにかくやってみたことが大切だったといえます。

やってみる前から諦めてしまい、可能性を狭めてしまうことばは、たくさん身の回りに存在します。

「貧乏だから」

「塾に行けないから」

「自分には才能がないから」

「環境がないから」

他者に比べてないものを探し、それを理由に諦めてしまう心理状態は、子どもはもちろん、親自身であるあなたも、子どもを教える教師も、持っていませんか?

大人の態度は子供に伝染します。それが、良くも悪くも文化なのです。

ポントリャーギンの母親は、自分は勉強のことはわからなくても、子どもはきっとわかるだろうと信じ切って、読み聞かせを続けました。母親自身がわからないことを読み聞かせているので、子どもが例えわからなくてもイライラしたりもなかったのでしょう。目の見えないポントリャーギンにとって、母親の声で学ぶ数学は楽しい時だったのだと容易に想像できます。信頼できる世界で、ポントリャーギンは自由に羽をはばたかせ、飛翔できたのです。

脳科学の観点からも、親と子どもが会話をすることは、子どもの脳の前頭葉を大いに刺激することが研究の結果わかっています。前頭葉は、脳の司令塔としての役割をつかさどります。

目が不自由になったことでそうせざるを得なかったことが、逆に効果的だったのかもしれませんね。

「親が教えるよりプロの講師が教えた方が子供に迷いがなくていい」、というフレーズはよく聞こえてきます。

しかしながら、親が一緒に考えること、ただそれだけで子どもに教えていることもたくさんあるのです。

子どもにとって最も身近にいるお父さん・お母さん、完璧である必要はなく、ただ子どもと学ぶ時間を少しでもいいから共有してみてください。必ず良い効果が出てくるでしょう。

 

まとめ

経済的に恵まれず、14歳で完全に失明した盲目の天才数学者ポントリャーギンは、お母さんの愛情でその才能を伸ばしていきました。母親と共に歩んだ数学の時間が、ポントリャーギンを20世紀を代表する天才数学者に育てたのだといえます。

 

関連書籍



[才能を伸ばす]一覧へ




このサイトについて

「子どもの勉強の教え方」がテーマのお父さん・お母さんのための勉強サイト。小学生・中学生のお子さんを持つ保護者の方の勉強のわからないや教え方の不安を解決します。算数・数学、英語、国語、社会、理科、子どもの才能を伸ばす話など多数。忘れてしまった学生時代の勉強を子供にわかりやすく教えられるように共に学びましょう。

   

>>さらに詳しくはこちら