『マインドセット「やればできる!」の研究』とは?

子どもの勉強教え方教室

2019年02月16日(土)才能 

「マインドセット」という概念をご存知ですか?マインドセット=心の持ち方です。

マインドセットを変えれば人生が変わる、それは本当なのでしょうか?

キャロル・S・ドゥエック著『マインドセット「やればできる!」の研究』から、子どもの才能を伸ばすヒントを学びましょう。



著者キャロル・S・ドゥエックってどんな人?

キャロル・S・ドゥエックは、スタンフォード大学心理学教授です。

子どもの勉強教え方教室

キャロル・S・ドゥエックは、人間の思考様式、モチベーション、人間関係、メンタルヘルスの分野で大きな功績をあげてきました。

世界中の優れたアイディアを持つ人々が登壇するTEDにも出演する有名な教授です。

そんなキャロル・S・ドゥエックが30年来の研究で培ってきた知識を、誰もがわかりやすい言葉で説明し紹介して誕生した本が『マインドセット「やればできる!」の研究』です。

世界中で100万部以上発行されているベストセラーとなっています。

 

 

どっちのタイプ?あなたの子どものマインドセット

彼女によると、人間の心の持ち方(=マインドセット)には、2種類のタイプがあります。

1つは、「硬直マインドセット=fixed mindset」

この心の持ち方のタイプは、こんな傾向があります。

  • 自分の能力は石版に刻まれたように固定的(=fixed)で変わらないと信じている
  • 成績が悪かったなどの失敗があると、「自分はダメ人間」「価値のない人間」「負け犬」「みじめな人生」と落ち込む
  • その日の出来事で自分の能力や価値が決まってしまったように感じる
  • 自分が他人からどう評価されるかを強く気にする

 

もう1つが、「しなやかマインドセット=growth mindset」

この心の持ち方のタイプは、こんな傾向があります。

  • 人間の基本的資質は努力と経験次第で伸ばすことができると信じている
  • うまくいかないときにこそ、粘り強い頑張りをみせる
  • 気分が良い時でも悪い時でも、やればできるとコツコツとした努力を積み重ねられる
  • 他人の評価より、自分を向上させることに関心を向ける

 

あなたが見て、あなたのお子さんのタイプはどちらのマインドセットのタイプだと感じましたか?

また、あなた自身はどうでしょうか?

 

キャロル・S・ドゥエック教授は、もちろん、「しなやかマインドセット」の大切さをこの一冊を通して主張しています。

誰もが知るスポーツの有名人から、彼女が研究で関わった一般の学生や幼稚園児まで、「しなやかマインドセット」の人たちがいかに才能を開花させていけるかをたくさんの例や研究結果で示してくれています。

日本ではどちらかというと、「硬直マインドセット」の人が多いかもしれない、と危惧を抱きました。

この本の中には、「硬直マインドセット」の人が自分に対して下す評価はもちろん、そうした人が保護者や教師だった場合に子どもたちに与えるネガティブな影響についても書かれています

ぎくっとしたあなたは、今からでも遅くありません。

自分の中に、そしてこどもの中に、「しなやかマインドセット」を育てていけるように勉強しましょう!

 

おススメポイント

  • 専門知識なしで簡単に、面白く、読めます。
  • 能力を伸ばしたい本人はもちろん、子どもたちの能力を伸ばしてあげたいお父さん・お母さんのための知識が満載です。
  • 人生を変える力となる知識です。

中学生以上ならば、すらすらと読める一冊です。専門用語は極力使われていません。 お父さん・お母さんが読んでみることは絶対的におススメですが、子どもも一緒に読んでディスカッションしてみるのも良いでしょう。

まるで努力なんかしていないんじゃないかと思われるような“天才”と言われている人たちの本当に地道な努力も、この一冊の本から読み取れるという点もおススメです。

右から左へ流れ出る単なる知識で終わることのない、人生を変える力となる知識・知恵がこの一冊には詰まっています。

 

まとめ

『マインドセット「やればできる!」の研究』とは、スタンフォード大学教授キャロル・S・ドゥウェックのベストセラーであり、人生を変える力となる"マインドセット=心の持ち方"を学べる一冊です。

 



[才能を伸ばす]一覧へ




このサイトについて

「子どもの勉強の教え方」がテーマのお父さん・お母さんのための勉強サイト。小学生・中学生のお子さんを持つ保護者の方の勉強のわからないや教え方の不安を解決します。算数・数学、英語、国語、社会、理科、子どもの才能を伸ばす話など多数。忘れてしまった学生時代の勉強を子供にわかりやすく教えられるように共に学びましょう。

   

>>さらに詳しくはこちら