自由とは何か?フランス詩から感じてみよう

2018年07月09日(月)一般教養 

自由とは何か?誰もが憧れ、闘い、また深層心理では恐怖を抱いている自由。近代欧米の歴史は、自由を得るための闘いの歴史であったともいえます。

そんな自由について、今回はフランスの詩人ポール・エリュアールの詩から考え感じてみましょう。

 

自由とは何か?フランス詩から感じてみよう|一般教養|ルシディチュード-灯台教養学部

 


≪Liberté 自由≫-Paul Eluard ポール・エリュアール

ポール・エリュアール Paul Eluard(1895年12月14日~1952年11月26日)は、フランスの詩人でダダイスムやシュールレアリスムの運動に積極的に協力した人物です。また、第二次世界大戦中は、抵抗運動にも参加しています。

代表作の一つ《Liberté》は、フランスという土地、長い歴史の中のあの闘争の時代、エリュアールという人の生涯が交錯した結果生まれた必然の詩といえるような作品です。

 

Liberté  自由

-Paul Eluard ポール・エリュアール

Sur mes cahiers d'écolier ノートに
Sur mon pupitre et les arbres  教室の机や木々に
Sur mon pupitre et les arbres  教室の机や木々に
Sur le sable sur la neige   砂や雪に
J'écris ton nom   ぼくは君の名前を書く   
     
Sur toutes les pages lues  全ての読み終わったページに
Sur toutes les pages blanches  全ての白紙のページに
Pierre sang papier ou cendre  石 血 紙 あるいは灰に
J'écris ton nom   ぼくは君の名前を書く   
     
Sur les images dorées  金色の絵に
Sur les armes des guerriers   兵士たちの武器に
Sur la couronne des rois   王様の冠に
J'écris ton nom   ぼくは君の名前を書く   
     
Sur la jungle et le désert   ジャングルや砂漠に   
Sur les nids sur les genêts    ねぐらに エニシダに 
Sur l'écho de mon enfance   こども時代のこだまに
J'écris ton nom   ぼくは君の名前を書く   
     
Sur les merveilles des nuits 夜な夜なの不思議に   
Sur le pain blanc des journées   日々の白いパンに   
Sur les saisons fiancées    愛を誓った季節に   
J'écris ton nom   ぼくは君の名前を書く   
     
Sur tous mes chiffons d'azur  すべてのたなびく雲間の青空に   
Sur l'étang soleil moisi   古池に浮かぶ太陽に  
Sur le lac lune vivante    湖にきらめく月に
J'écris ton nom   ぼくは君の名前を書く   
     
Sur les champs sur l'horizon   畑に 地平線に  
Sur les ailes des oiseaux   鳥たちの翼に 
Et sur le moulin des ombres    風車の落とす影に 
J'écris ton nom   ぼくは君の名前を書く   
     
Sur chaque bouffée d'aurore   あけぼのの息吹に 
Sur la mer sur les bateaux   海に 船に 
Sur la montagne démente     途方もない山に
J'écris ton nom   ぼくは君の名前を書く   
     
Sur la mousse des nuages      もくもくした雲に
Sur les sueurs de l'orage     夕立の汗に
Sur la pluie épaisse et fade    雨の匂いわきたつどしゃぶりに
J'écris ton nom   ぼくは君の名前を書く   
     
Sur les formes scintillantes   きらきらときらめく形に
Sur les cloches des couleurs    色とりどりに響く鐘の音に
Sur la vérité physique   自然界の真理に
J'écris ton nom   ぼくは君の名前を書く   
     
Sur les sentiers éveillés    目を覚ました小道に
Sur les routes déployées     広げられた街道に
Sur les places qui débordent   あふれんばかりの広場に 
J'écris ton nom   ぼくは君の名前を書く   
     
Sur la lampe qui s'allume  明かりがともったランプに 
Sur la lampe qui s'éteint  消えてしまうランプに 
Sur mes maisons réunies       集合している家々に
J'écris ton nom   ぼくは君の名前を書く   
     
Sur le fruit coupé en deux 二つに切り分けられた果物に
Du miroir et de ma chambre 鏡に 部屋に
Sur mon lit coquille vide 空っぽの貝殻のようなベッドに
J'écris ton nom   ぼくは君の名前を書く   
     
Sur mon chien gourmand et tendre  食いしん坊で優しいぼくの犬に
Sur ses oreilles dressées そのぴんと立てた両耳に
Sur sa patte maladroite その不器用な前足に
J'écris ton nom   ぼくは君の名前を書く   
     
Sur le tremplin de ma porte  戸口の踏み台に
Sur les objets familiers   慣れ親しんだ品々に
Sur le flot du feu béni   聖火の波に
J'écris ton nom   ぼくは君の名前を書く   
     
Sur toute chair accordée   与えられた肉体すべてに
Sur le front de mes amis     友のおでこに
Sur chaque main qui se tend      互いに差し出すそれぞれの手に
J'écris ton nom   ぼくは君の名前を書く   
     
Sur la vitre des surprises      思いがけない贈り物をつげる窓ガラスに
Sur les lèvres attentives     愛情こもる唇に
Bien au-dessus du silence   静けさを越えて
J'écris ton nom   ぼくは君の名前を書く   
     
Sur mes refuges détruits    取り壊された隠れ家に
Sur mes phares écroulés    崩壊した灯台に
Sur les murs de mon ennui     悩みの壁に
J'écris ton nom   ぼくは君の名前を書く   
     
Sur l'absence sans désir     望んでもいない不在に
Sur la solitude nue      むきだしになった孤独に
Sur les marches de la mort     死のマーチに
J'écris ton nom   ぼくは君の名前を書く   
     
Sur la santé revenue  取り戻した健康に
Sur le risque disparu    消滅した危機に
Sur l'espoir sans souvenir  思い出なき希望に
J'écris ton nom   ぼくは君の名前を書く   
     
Et par le pouvoir d'un mot   ことばの力によって
Je recommence ma vie   ぼくは人生をやり直す 
Je suis né pour te connaître   ぼくは君に出逢うために生まれた 
Pour te nommer  君に名前をつけるため 
     
Liberté.   自由と。 


Paul Eluard ポール・エリュアールと自由

彼はこの詩を1942年に書いています。

そのころ、フランスはナチスドイツの占領下にありました。

 

この詩について、エリュアールは次のように述べています。

« Je pensais révéler pour conclure le nom de la femme que j’aimais, à qui ce poème était destiné. Mais je me suis vite aperçu que le seul mot que j’avais en tête était le mot Liberté. Ainsi, la femme que j’aimais incarnait un désir plus grand qu’elle. Je la confondais avec mon aspiration la plus sublime, et ce mot Liberté n’était lui-même dans tout mon poème que pour éterniser une très simple volonté, très quotidienne, très appliquée, celle de se libérer de l’Occupant .»

(この詩は自分の愛する女性の名前でしめくくろうと構想していました。しかしすぐにたった一つの自由ということばが自分の頭に浮かんだのに気づいたのです。こうして、わたしが愛した女性は愛情や欲望よりも、さらに次元の高い自由というものを体現していることになりました。わたしはこの詩のなかで、わたしの愛する女性と最も崇高な切望を1つにしました。そして自由というこのことばは、わたしたちがドイツ軍の占領から自由になりたいという日々の、いつでもあったごく単純な意思を永久不滅のものとするためだけにわたしの詩の中のいたるところに存在しました。)

 

第二次世界大戦が終わってからまだ1世紀と時は経っていません。経済的に豊かになった国が増え、ITの発達によりわたしたちの暮らしは格段と便利なものになっています。

しかし、わたしたちは自由と言えるのでしょうか?

そして、わたしたちは本当に自分のため、他者のために、自由を求めているのでしょうか?

 



読後チェック

①ポール・エリュアールの崇高な切望とは何ですか?

②この詩を読んで、あなたは自由について何を思いますか?



一般教養TOPへ




ABOUT US

ルシディチュード―灯台教養学部へようこそ。このサイトは、一般教養を学べる無料オンラインサイトです。Luciditude ルシディチュード= Lucid (明晰な、明快な)+ -(i)tude(状態、性質)。“すべての人の灯台としての教養を”をコンセプトに、大人も子どもも、ご家族みんなで、わかりやすく幅広く学べる一般教養をご紹介します。同時に、キャリア形成に役立つ能力開発についても発信します。雑談知識のインプット、生涯学習としてご活用ください。数学と英語は受験問題と解説を掲載しています。受験生はもちろん、受験生でない皆さんもぜひチャレンジしてみてください。

>>read more