形容詞

レベル:初級~中級

講座を始める前に少し英語を勉強するときの心得についてお話ししようと思います。

 

誰にも負けない1つからフィーリングをつかもう

私が中学校に通っていたころに英語の先生がこんなことを言っていました。

「君たち、辞書は意味の分からない単語を引くためにだけあるのではないよ。暇な時でも好きな時でも、自分の好きな言葉を拾い出して読んでみるんだ。”be動詞”が気に入ったなら、辞書のbeのところを隅から隅まで読んで理解してしまうんだ。暗記したらもっと良い。 ”but”が好きならbutでも良い。例文も何もかも理解して暗記してしまうんだ。そしてbutについては何を聞かれても君は答えられるようになる。そうすれば君は、バットマンだ! 」

 

この先生の考え方は実に素晴らしいと思います。

たとえば、共に「大きい」という意味があるlarge と big はどう違うんだろう、とか、 「始まる、始める」という意味があるbegin, start, commence はどう違うんだろう、 と疑問に思ったら、辞書の例文を片っ端から読んでそれらの違いのフィーリングを自分でつかむようにすることです。

単純にこの場合はこの単語、あの場合はあの単語というようなはっきりした境界線はありませんし、そうした境界線も話す人にも依存すれば、同じ人が話しても、コンテクスト次第で変わることもあります。日本語だってそうですよね。 だから、とにかく単語や文章のフィーリングをつかむようにたくさん例文を読んでみることですね。

上記の big と large でしたら、big の方は社会的に重要であるのかなというようなニュアンスがあるということが例文を読んでいると分かります。 また、 large の方はもう少し儀礼的な時によく使われるのかなという気がしてきますね。

 

それでは皆さん、次の名詞にはbig と large のどちらが良いと思いますか?

  問題           

次の単語にbigとlargeのどちらの形容詞が適切か書いてください。

  • (1) brother
  • (2) number
  • (3) man
  • (4) car
  • (5) dog
  • (6) part
  • (7) room
  • (8) family
  • (9) smile
  • (10) company

  • わからない人は、bigとlargeの項目を辞書でひき、例文を読んでとにかくやってみてくださいね。正解は次のようになります。

     

    【答え】(1)big brother (2)large number (3)big man (4)big car (5)big dog (6)large part (7)large room (8)large family (9)big smile (10)large company

     

    どうです、みなさん。あたりましたか?

    共に「大きい」を意味しますが、largeはbigよりもっとフォーマルで堅い印象のある単語です。カジュアルなスタイルの手紙でなければ、例えばビジネスレターや役所の公式の手紙であるならば、bigよりもlargeが好ましいと言われています。 largeは、基本的には人を説明する時には使いません。 ただし、fat(太っている)という表現を避ける時には使うこともあるようです。



    英語TOPへ




    ABOUT US

    ルシディチュード―灯台教養学部へようこそ。このサイトは、一般教養を学べる無料オンラインサイトです。Luciditude ルシディチュード= Lucid (明晰な、明快な)+ -(i)tude(状態、性質)。“すべての人の灯台としての教養を”をコンセプトに、大人も子どもも、ご家族みんなで、わかりやすく幅広く学べる一般教養をご紹介します。同時に、キャリア形成に役立つ能力開発についても発信します。雑談知識のインプット、生涯学習としてご活用ください。数学と英語は受験問題と解説を掲載しています。受験生はもちろん、受験生でない皆さんもぜひチャレンジしてみてください。

    >>read more