英文基本5文型とは?中学校英文法の基礎まとめ

子どもの勉強教え方教室

2019年02月01日(金) 英語 

英文の基本5文型って何だっけ?と思ったお父さん・お母さん、保護者の方、このページで復習しましょう。



英文基本5文型のここがポイント!

ここがポイント!重要ポイント

英文基本5文型とは、次の英語の最も基本的な文型5つのことをいいます。

  • S+V (主語+動詞)
  • S+V+O (主語+動詞+目的語)
  • S+V+C (主語+動詞+補語)
  • S+V+O+O (主語+動詞+目的語+目的語)
  • S+V+O+C (主語+動詞+目的語+補語)


  • S+V (主語+動詞)
  • 例)The flower blooms.(花が咲く。)

    ※SのところにあるのでThe flower =花 が主語、Vのところにあるのでbloom(咲く)が動詞。S+Vという最も単純な形。この文型の動詞にくるのは、自動詞といって、他に及ばない動作主体自身の働きを意味する動詞がくる。また、三単現の文章なので、bloom はbloomsに活用。※三単現を忘れた方は、詳しくはこちら。⇒『三人称単数現在形(三単現)とは?中学校英文法の基礎まとめ』


  • S+V+O (主語+動詞+目的語)
  • 例)I play soccer. (わたしはサッカーをする。)

    ※この文型の動詞にくるのは、他動詞といって、主体の動作や作用が直接他に働きかけたりする動詞がきます。


  • S+V+C (主語+動詞+補語)
  • 例)I am happy. (わたしは幸せです。)

    ※主語(S)と補語(C)は=の関係。補語で表現された状態や状況が、主語の説明になります。疑問文の三単現の時は、動詞は原形、助動詞を三単現に変化させる。


  • S+V+O+O (主語+動詞+目的語+目的語)
  • 例)The father gives his children some gifts. (その父親は子どもたちにプレゼントを与える。)

    ※主語(S)はThe father、動詞(V)はgive、his childrenが目的語(O)1、some giftsも目的語(O)2。目的語(O)が二つあって紛らわしい感じがしますが、(O)1、(O)2の順番で「(O)1に、(O)2を」となります。


  • S+V+O+C (主語+動詞+目的語+補語)
  • 例)I believe my daughter a genius.(わたしはわたしの娘が天才だと信じている。)

    ※主語(S)はI、動詞(V)はbelieve、目的語(O)がmy daughter、補語(C)がa genius。目的語(O)=補語(C)の関係、補語(C)が目的語(O)を説明します。


英文の基本5文型がわからない子にはこれを確認してみよう

何がわからないのかがわからないという子、説明できないけどよくわからないという子は多くいます。

英文基本五文型で子どもがつまづいている様子があったら、お父さん・お母さんは次の点をお子さんに確認してみてください。

 

日本語と英語の違い、意識してる?

 

日本語と英語の違いって何でしょうか?

使用する文字(漢字・平仮名・カタカナ↔アルファベット)、単語の違い(いちご↔Strawberry)、もちろん発音なども違いますが、大きな違いがこの基本文型なのです。

 

単語を適当に並べても、主語を省略してしまっても、日本語はある程度文章として通じます。それは、助詞という存在があるから

助詞とは、「~は」、「~を」、といった単語の後について、語句同士の関係を示したり、一定の意味を加えたりする品詞の一つです。

例えば

  • わたし愛している。
  • わたし愛している。
  • (わたし)夫愛している。

どれも同じ意味だということがわかりますよね?

「~は」、「~を」という助詞のおかげで、単語を置く順番が入れ替わっても、主語がなくても、日本語だと同じ文章だとわかります。

一方、英語の場合、単語の順番が変わったら、意味は違う文章になります。

  • わたし愛している。⇒I love my husband.
  • わたし愛している。⇒×My husband love I.
  • ※順番を並び替えただけでは、意味が成り立ちません。よく見てみると、英語は助詞がなく、その代わりに単語の間に空間があるだけではありませんか!つまり、単語を置く位置=文型が意味をつくっているのです。

    ちなみに、「夫はわたしを愛している」にするならば、My husband loves me.と変化させる必要あり。夫という単語を先頭にもってきて、わたしが愛しているという関係性を示したいならば、My husband is loved by me.(わたしの夫はわたしに愛されている。)という受身形にする必要があります。

  • (わたし)夫愛している。⇒×Love my husband.
  • ※順番を並び替えただけでは、意味が成り立ちません。これだけだと、「わたしの夫を愛しなさい」という命令形になってしまいます。主語は省略しないのが英語は一般的です。

 

お分かりいただけましたでしょうか?英語は、基本文型が必要不可欠なのです。知っている単語をいくつも言って通じることもありますが、この基本文型に単語を置くことで文章を作り上げることができます。

この基本文型という考え方は、Onions と言う人の1902年の本に最初に出てきて広まったものといわれています。日本語が母国語の人のために開発された英語教授法ではありませんので、下手に説明するとなんだか面倒くさくて英語ってわかりにくい、となる子もいます。日本語を意識しないで使っていると、余計にこんがらがるようですね。

ただ、英語に必須の基本文型、特に、長文読解の時などにこの文型がぱっとわかれば、読みやすくなること間違いなし。

また、この基本文型が身に付けば、配置転換や複雑な英文も読み解けるようになります。

将来の受験のため、留学のため、ビジネス英語のためにも、簡単な文章から理解を深め、早めにしっかり基礎を固めましょう。

 

 

では、基本5文型の理解を深める練習問題をやって慣れていきましょう。


英文基本5文型の練習問題と解説

  問題           

次の長文の中から、S,V,O,Cを探して下線を引いてください。

Mr. Bucket was the only person in the family with a job. He worked in a toothpaste facory, where he sat all day long at a bench and screwed the littele caps onto the tops of the tubes of toothpaste after the tubes had been filled.

-Roald Dahl "Charlie and the Chocolate Factory"

バケットさんは家族の中で唯一仕事がある人でした。彼は歯磨き粉工場で働いていました。そこでは、彼はベンチに一日中座って、チューブがいっぱいになったら歯磨き粉チューブの上部にある小さなキャップを締めていました。

-ロアルド・ダール『チャーリーとチョコレート工場』



 正解は、次のようになります。

英文基本五文型とは何か?中学校英語基礎まとめ

ジョニー・デップ主演で映画にもなったRoald Dahl "Charlie and the Chocolate Factory" ロアルド・ダール『チャーリーとチョコレート工場』の文章です。

一行目:Mr. Bucketはどんな人でしたか、というとthe only person(唯一の人、たった一人の人)だと説明しています。ですから、S+V+C文型です。

二行目:workは動詞で、自動詞にも他動詞にもなります。ここでは、He worked (彼は働いていた)なので、S+Vの文型です。

三行目:sitは動詞で、S+VとS+V+Cの文型でよく見られます。ここではS+Vの文型です。

四行目:英語は主語を省略しないといいましたが、ここではV+Oが急に出てきます。Sはどこに行ったかというと、3行目のheですね。andで同じレベルの文章はつなげることができるからです。screwは他動詞で「ねじで締める、回してはめ込む」などを意味します。何を回してはめ込むかというと、ここではthe little caps(小さなキャップ)なので、これがOとなります。ここではS+V+Oの文型です。

五行目:最後はチューブがS、いっぱいになる、十分満たすのfillが動詞でS+V。

ここでは主文だけでなくすべての構造をチェックしてみましたが、長文読解の時などは、主文の五文型をチェックすると、速読につながります。

この場合、主文はMr.Bucket was the only person と、He workedです。

確認できましたか?英文を読む時は、いつも五文型を意識して文章を追ってみてください。

実際勉強するなら、楽しいほうが絶対いいですよね。『チャーリーとチョコレート工場』は、講談社英語文庫で英語で読めます。後ろにNotesで訳注やちょっと難しい単語は書いてあるので、楽しく読めておススメです。


まとめ

いかがでしたか?英文基本5文型の大切さを理解していただけたでしょうか?

文法は面倒なようですが、身に着けてしまえば、外国語学習者がこれほど頼りになるものはありません。また、少し落ち着ていやってわかってくると、面白いものです。

お父さん・お母さんから苦手意識をなくし、楽しく文型を学んでいきましょう。



英語TOPへ




このサイトについて

「子どもの勉強の教え方」がテーマのお父さん・お母さんのための勉強サイト。小学生・中学生のお子さんを持つ保護者の方の勉強のわからないや教え方の不安を解決します。算数・数学、英語、国語、社会、理科、子どもの才能を伸ばす話など多数。忘れてしまった学生時代の勉強を子供にわかりやすく教えられるように共に学びましょう。

   

>>さらに詳しくはこちら