基本5文型

レベル:初級~中級

こんにちはみなさん、英語担当のはなまるです。お元気ですか?

先日雑誌を読んでいたらこんなことが書いてありました。 英検や国連英検特A急に輝く実力を持つ人が、英語というのは語彙の問題で文法は単なるつなぎに過ぎないというのです。

皆さんも頑張って英語の語彙を豊富にしましょう。 それに皆さんもボーイフレンドやガールフレンドに、「君はすばらしい!」、「君はすばらしい!」とばかり繰り返していては、つまらないですね。

このように、よく英語は文法はやらずに単語を並べられれば伝わるのだから文法より単語を、という主張は耳にします。

しかし、こんな例を考えてみましょう。

 

文法の大切さ

次の文章を考えてみましょう。

-To make mistake is human.

「ミスをするのが人間だ」ですね。これを語彙が完全にわかっているということで、語彙だけ拾って考えると、make ,is がでてきます。 とっさに意味をつかむのは難しいはずです。

主語、動詞、目的語といったものの並んでいる基本5文型、あれはつまらないようでも心得ておくほうが良いのです。文法構造をしっかりと理解してニュアンスをつかむように努力をしたほうが力はつきます。

 

基本5文型

基本文型を考えるときの基本は、主語(S)、動詞(V)、目的語(O)、補語(C) です。

主語(S)は動作の主体です。

動詞は、主語の行う動作ですね。この場合の動作というのは、走るとか勉強するというような積極的なもの、能動的なものばかりではなく、たんに存在するとか、そこにいる、というようなものも含みます。

目的語は、動詞の動作の対象となるものですね。

補語は上記の、主語、動詞、目的語だけではあいまいな時に補足して使います。

 

さてこれらを順番に見てゆきましょう。

普通は、文型の基本は、 S+V となりますが、私たち日本人は主語を使わないことが多いので、英語を使う時に少し戸惑いますね。

 

道で出会った友達に、「あなたはどこへ行きますか?」とはふつうは聞かないですね。「どこへゆくの?」くらいで主語は表示しません。答えるほうも「スーパーへ行くんだよ」くらいで「僕はスーパーへ行くよ」等とはあまり言いません。

 

イタリア語も、コンテクストで分かるときには主語がはぶかれますね。イタリア語の場合には動詞の活用で変化するのを見ていれば、主語が一人称か、二人称か、三人称かがわかりますが、日本語の場合には、「スーパーへ行くよ」だけですと、「僕はスーパーへ行くよ」、「妹はスーパーへ行くよ」、「あなたたちはスーパーへ行くよ」のどれもが成り立ちますから、主語がないと判断できませんね。

 

私たち日本人はコンテクストやそのほかの非言語的なコミュニケーションを通して判断しているのですね。

 

主語とその主語の示す動作があれば、一つの文が成り立ちます。

I speak.(わたしは話します。)

これが、 I hit. となると、「私がたたく」、だけでは、「何をたたくんだろう?」と思って聞いている方は落ち着きません。

つまり動詞が伝えるものが不足しているから、聞いている方が落ち着かないんですね。

ここは、「釘をたたく」などのように、「叩く対象」が必要です。

こうして、動作の対象がないと落ち着かない動詞を「他動詞」といいます。 この場合の文型が、 S+V+O 動詞の目的語を含む文型になります。

 

同じように、なんとなく落ち着かない文章としては、 I go. というのもあります。もちろん、 He has gone.(彼は言ってしまった。) I must go.(もうお暇しなければなりません。) のように補語なしで使うこともよくありますが、たいては I go to school. のように補語があるほうが落ち着きますね。

この場合の、to school は、 go という動作の対象ではありませんから、目的語ではなくて、補語が続いています。 S+V+Cですね。

S+V、S+V+O、S+V+C、S+V+O+O、S+V+O+Cの5つで基本5文型です。

 

この文型というのも絶対的な意味を持つものではなく、理解の助けになるものだという程度で考えたほうが良いでしょう。

 

この基本文型という考え方は、Onions と言う人の1902年の本に最初に出てきて広まったものといわれています。 それから、対応する日本語で考えるとわからなくなることもたくさんありますから注意が必要です。

 

たとえば、「私たちは島へ近づいている。」などという日本語から考えると、「近づく」という動詞 approch は、他動詞には見えませんね。でもこれは英語では他動詞ですから、 approch to the island としては間違いですね。ここは他動詞ですから、目的語を直接つけて approch the island とします。

 

さてそれではいくつか練習問題をしてみましょう。

 

  問題           

カッコの中に適切な単語を入れて文章を完成させてください。

【buy, find, get, go, keep, leave, make, take】

  • (1) It's time for us to ( ).
  • (2) Don't ( ) her waiting in the rain.
  • (3) She's going to ( ) a party dress for her daughter.
  • (4) The long bus ride will ( ) her sick.
  • (5) Please ( ) these things for me while I'm away.
  • (6) Put on this overcoat and ( ) yourself warm.
  • (7) Can you ( ) me an iexpensive hotel near the station ?
  • (8) I was lucky to ( ) him in when you have to take the test.
  • (9) Don't ( ) nervous when you have to take the test. I must ( ) these books back to the library before it closes.

  • どうですか、皆さんできましたか?答えは、次のようになります。

    【答え】

  • (1)と(2)・・・leave
  • (3)と(4)・・・make
  • (7)と(8)・・・find
  • (9)と(10)・・・get


  • 英語TOPへ




    ABOUT US

    ルシディチュード―灯台教養学部へようこそ。このサイトは、一般教養を学べる無料オンラインサイトです。Luciditude ルシディチュード= Lucid (明晰な、明快な)+ -(i)tude(状態、性質)。“すべての人の灯台としての教養を”をコンセプトに、大人も子どもも、ご家族みんなで、わかりやすく幅広く学べる一般教養をご紹介します。同時に、キャリア形成に役立つ能力開発についても発信します。雑談知識のインプット、生涯学習としてご活用ください。数学と英語は受験問題と解説を掲載しています。受験生はもちろん、受験生でない皆さんもぜひチャレンジしてみてください。

    >>read more