閑話休題

「強くなければ生きていない。優しくなければ、生きてる資格がない」

さて、今日は探偵小説をテーマにしてみましょう。

有名なチャンドラーのマーローシリーズを取り上げます。

皆さんの中にも知っている人がいると思います。 そんなに難しくありませんから、皆さんも1冊手に入れて(もちろん、日本語訳ではなく、英文で!)時々気分転換に読んでみるとよいと思います。

マーローの次の有名なセリフをここでは問題にします。

「強くなければ生きてゆけない。優しくなければ、生きている資格がない」

 

本当にそう?翻訳の意味

 先日もビジネスマン向けの本『帝王学』を読んでいたら、筆者が引用していました。

さて、このマーローの文章を皆さんはどういう意味で受け止めますか?

「モラルと現実世界の相克」だと受け止めますか? 『帝王学』の著者はそんな風に受け止めていたようです。

 

小説の中で原文は次のような形で、マーローとその女友達の会話になっています。

“How can such a hard man be so gentle ?” she asked wonderingly.

“If I wasn't hard, I wouldn't be alive. If I couldn't ever be gentle, I wouldn't deserve to be alive.”

 

さて、ここで皆さんに考えてみてほしいのは、次のような点です。

まず原文は、I が言っていることです。一般論ではないのです。彼のおかれた特殊な状況の話です。 日本語訳の場合には、日本語が主語を省くことが多いので、一般論なのか特殊な話なのかは、一部分を取り出してしまうとわからなくなってしまいます。 そうした一般論や人生観が日本の読者の心を打つようです。

ここはマーローが自分のことを語ったと考えるほうが興味深いのか、人間の一般論を行ったと考えたほうが面白いのか? 皆さんはどう思いますか?

 

次に文章の中で使われている “hard” の意味は何でしょうか? 日本語訳のように「強い」でしょうか?

 

Oxford の英英辞典では、”hard” は次のように説明されています。

*putting a lot of effort or energy into an activity

*done with a lot of strength or force *showing no sympathy or affection

*ready to fight and showing no signs of fear or weakness

 

だいぶニュアンスが違いますね。 “alive” も強くなければ生きてゆけない、なのか、非情でなければとっくに殺されて生きていないよ、というニュアンスなのか?

 

さて、こうしてわたくしの提出した質問をヒントにして、皆さんに自分で考えてもらい、自分流の解釈を1ページくらいにまとめてください。 それが今日の私の宿題です。 いい回答ができたら、「きっと勝つ!」のチョコレート位プレゼントしますよ !



英語TOPへ




ABOUT US

ルシディチュード―灯台教養学部へようこそ。このサイトは、一般教養を学べる無料オンラインサイトです。Luciditude ルシディチュード= Lucid (明晰な、明快な)+ -(i)tude(状態、性質)。“すべての人の灯台としての教養を”をコンセプトに、大人も子どもも、ご家族みんなで、わかりやすく幅広く学べる一般教養をご紹介します。同時に、キャリア形成に役立つ能力開発についても発信します。雑談知識のインプット、生涯学習としてご活用ください。数学と英語は受験問題と解説を掲載しています。受験生はもちろん、受験生でない皆さんもぜひチャレンジしてみてください。

>>read more