三人称単数現在形

レベル:初級~中級
    

こんにちはみなさん、お元気ですか。英語担当のはなまるです。

このページ三人称単数現在形=三単現について学習します。その前に、能率のあがる記憶力アップの勉強法をご紹介します。

 

記憶力アップのコツ
私たちが勉強するときには、「理解力」と同じくらい「記憶力」が大きな意味を持ちますね。

心理学の研究によると、私たちの脳が一度に覚えられるのは平均して7個くらいのことだということです。それ以上を記憶しようとしてもなかなかうまくゆきません。

ですから電話番号やナンバープレートの番号は8ケタ程度に収められています。

ところがこうした心理学上の結果とは裏腹に、私たちは100や200の事柄を平気で覚えることもあります。なぜでしょうか?

それは、この100個の物事をばらばらの単位としてではなく何らかの関連で一つの鎖でつながっている1単位の物事として脳が記憶するからです。

 

英語の場合でしたら何の関連もない新しい単語を20個も一度に記憶するのは大変難しいことですが、この20個の英単語を含んだ一つの文章でしたら比較的簡単に記憶できます。

要するに私たちの脳内で関連付けられたものは、記憶領域では一単位として認識されるので、多くのことが覚えられるのです。この関連付けるということは、目で見るだけではなく、手で書くといった運動の記憶と結び付けたり,声に出すといった音を発生する記憶や聞くという記憶と関連付けたり、という具合にどんどんと広がってゆきます。

ですから皆さんも、学習するときには、目、口、手、耳を総動員し、そのうえ好きなことなども総動員して想像力を働かせて楽しく勉強するほうが、能率が上がり記憶にも定着しやすいのです。

記憶力についてもっと知りたい方は、こちらの記事を読んでみてくださいね。

⇒「記憶力アップのコツ

さて前置きはこれくらいにして、今日は基本的なことのおさらいをしましょう。

 

三人称単数現在形=三単現

三単現について考える前に、そもそも、1人称、2人称、3人称とは何でしょうか?

1人称は話し手自身のこと。自分/自分たち(複数)の時に使います。

      

2人称は聞き手のこと。自分が目の前にいる話しかけている相手と想像してみましょう。自分の相手にあたる人、あなた/あなたたち(複数)のことですね。

それでは3人称とは何でしょうか?

3人称は、1人称・2人称以外の、人や物を示すものです。単数形、複数形、両方ともあります。

彼=He、彼ら=They、山田さん=Mr.Yamada、それ=it、リンゴ=appleなども三人称と考えられます。

この3人称が①単数形であり、②現在のことを示す時、3人称単数現在形=三単現といいます。

この三単現が主語に来るときは、動詞にsをつける必要があります。

-He likes an apple. (彼はリンゴが好きです。)

動詞や助動詞が人称と時制に依存して活用するということが日本語にはありませんから、慣れるまではこの動詞の活用はわかりにくいといえます。

 

それでは練習問題をやって慣れていきましょう。


三単現の練習問題
  問題           

次の (   )の中に日本語訳に合う動詞を入れてください。

  • (1) He (   ) busy.(彼は忙しそうだ。)
  • (2) Mr.Yamada (   ) baseball.(山田さんは野球をします。)
  • (3) She (   ) to school.(彼女は学校に行きます。)
  • (4) They (   ) in Tokyo.(彼らは東京に住んでいます。)
  • (5) I (   ) two little sisters.(わたしには二人の妹がいます。)
  • (6) He must (   ) her happy.(彼は彼女を幸せにするに違いない。)
  • (7) This (   ) a car.(これは車です。)
  • (8) (   ) Jim your brother ?(ジムはあなたの兄弟ですか?)
  • (9) (   ) these birds ?(これらは鳥ですか?)
  • (10) She (   ) a singer.(彼女は歌手です。)


  • この問題には主語が三人称とそうではないものが混ざっています。日本語訳は現在のことをすべて言っていますから、まずは三人称単数が主語の文章はどれかを見ましょう。答えは、(1)(2)(3)(6)(8)(10)ですね。ただし、(6)はmust(~しなければいけない)という助動詞が使われています。助動詞の後に来る動詞は原形にする決まりですから、三単現の活用は(1)(2)(3)(8)(10)の文章で必要になります。そして、be動詞は三単現の活用はないことにも注意しましょう。

     

    [答え](1)looks (2)plays (3)goes (4)live (5)have (6)make (7)is (8)Is (9)Are (10)is

     

     三単現の疑問文・否定文の練習問題

    三単現の動詞はsがつくといいましたが、これが疑問文や否定文になると動詞は原形になります。その代わり、助動詞doが活用され、doesとなります。

    - Does he like an apple? (彼はリンゴが好きですか?)

    -He doesn't like an apple. (彼はリンゴが好きではありません。)

    さて、三単現の否定文と疑問分も練習をして慣れていきましょう。 


    問題

    (   )の中に日本語訳に合う動詞を入れてください。

  • (1)(   ) he (   ) brothers?(彼は兄弟がいますか?)
  • (2)Writing good English (   ) so easy.(良い英語を書くというのはそんなに簡単ではない。)
  • (3)Mr.Yamada (   ) (   ) a carot.(山田さんはにんじんが好きではない。)
  •  


    答えは次のようになります。

    [答え](1)Does/have (2)isn't (3)doesn't/like 

     

    どうですか、皆さん。動詞の活用と三単現、フィーリングが身についてきましたか?

    質問がある方は、こちらからどうぞ。



    英語TOPへ




    ABOUT US

    ルシディチュード―灯台教養学部へようこそ。このサイトは、一般教養を学べる無料オンラインサイトです。Luciditude ルシディチュード= Lucid (明晰な、明快な)+ -(i)tude(状態、性質)。“すべての人の灯台としての教養を”をコンセプトに、大人も子どもも、ご家族みんなで、わかりやすく幅広く学べる一般教養をご紹介します。同時に、キャリア形成に役立つ能力開発についても発信します。雑談知識のインプット、生涯学習としてご活用ください。数学と英語は受験問題と解説を掲載しています。受験生はもちろん、受験生でない皆さんもぜひチャレンジしてみてください。

    >>read more